緊急の連絡を頼むのに便利な速達

今は情報端末が広がったことにより相手との話はそれで済むようになりましたが、今でもそうですが昔は紙に文字を書く手紙で相手との連絡をしていました。世界ではそういったものは誕生日やクリスマスの時に招待状をだすだけですが、日本には1月1日の元旦の年賀はがきから12月のお歳暮までその人宛に手紙を書くという文化が根付いています。それは日本は相手との対面してしゃべることに長けてはいないのですが、その反面相手の気持ちを察しどんな言葉をかけるべきかそれを熟考して伝えたいために手紙で伝えることにしているのです。それからはがきが生まれ現在に至ります。現在では先にも言いましたが電子メールが出来たことで利用率は減っているもののはやり手紙が届くというのはその人にとって自分とのつながりを大事にしてくれているということであり大変ありがたいものなのです。

none